トピックス

2020.12.26
NEWS

GDPR:(翻訳・暫定版)標準契約条項(Standard Contractual Clauses)


欧州委員会(European Commission)が2020年11月20日に公表したGDPR(EU一般データ保護規則)に基づく新たな標準契約条項(Standard Contractual Clauses)のドラフトを翻訳(暫定版)いたしました。
英語のStandard Contractual Clausesのドラフトについては、欧州委員会のウェブサイトをご覧ください(このページのAnnex - Ares(2020)6654686の中にドラフトがあります。)。
執筆者:渡邉雅之
*本翻訳に関するご相談などがありましたら、下記にご連絡ください。
弁護士法人三宅法律事務所
弁護士渡邉雅之
TEL 03-5288-1021
FAX 03-5288-1025
Email m-watanabe@miyake.gr.jp
 

欧州委員会(European Commission)が2020年11月20日に公表したGDPR(EU一般データ保護規則)に基づく新たな標準契約条項(Standard Contractual Clauses)のドラフトを翻訳(暫定版)いたしました。

翻訳(暫定版):標準契約条項

英語のStandard Contractual Clausesのドラフトについては、欧州委員会のウェブサイトをご覧ください(このページのAnnex - Ares(2020)6654686の中にドラフトがあります。)。

欧州データ保護委員会(EDPB)が2020年11月10日に公表したRecommendations 01/2020 on measures that supplement transfer tools to ensure compliance with the EU level of protection of personal dataも合わせてご覧ください。

新たな標準契約条項は、EUと米国との間の個人データの移転に関する枠組みであったPrivacy Shieldを無効とした2020 年7月 23 日の欧州連合司法裁判所の判決において示された考え方を導入したものです。EDPBの同判決に関するFAQを翻訳したものを下記に掲載しております。

【GDPR】Privacy Shield を無効とする欧州司法裁判所の決定に関するFAQ