トピックス

著作/論文

2015.01.21
著作/論文

加藤文人弁護士が執筆した『中国案例百選215 中国の更生手続事例2(併合事例)』が国際商事法務Vol.43,No.1(通巻631号)に掲載されました。

加藤文人弁護士が執筆した『中国案例百選215 中国の更生手続事例2(併合事例)』が国際商事法務Vol.43,No.1(通巻631号)に掲載されました。
2015.01.20
著作/論文

長谷川宅司弁護士が参加した「事業再生におけるスポンサー選定研究会」のメンバーの執筆にかかる連載『事業再生におけるスポンサー選定基準のこれまでの研究成果』(第1回)がNBLNo.1042(2015年1月15日号)に掲載されました。

長谷川宅司弁護士が参加した「事業再生におけるスポンサー選定研究会」のメンバーの執筆にかかる連載『事業再生におけるスポンサー選定基準のこれまでの研究成果』(第1回)がNBLNo.1042(2015年1月15日号)に掲載されました。
2015.01.13
著作/論文

加藤文人弁護士が執筆した『弁護士照会の審査体制・審査基準・審査の際の留意点』(特集:弁護士会照会の今後)が自由と正義2015年1月号に掲載されました。

加藤文人弁護士が執筆した『弁護士照会の審査体制・審査基準・審査の際の留意点』が、
自由と正義2015年1月号の「特集:弁護士会照会の今後」に掲載されました。
2014.12.21
著作/論文

渡邉雅之弁護士が共同執筆した『クイズ これでマスター!相続預金の正しい事務手続き』がバンクビジネス2014年12月15日号に掲載されました。

渡邉雅之弁護士が共同執筆した『クイズ これでマスター!相続預金の正しい事務手続き』がバンクビジネス2014年12月15日号に掲載されました。
2014.12.21
著作/論文

渡邉雅之弁護士が執筆した『改正犯収法案・国際テロリスト財産凍結法案と金融実務への影響』が銀行法務21 2014年12月号(780号)に掲載されました。

渡邉雅之弁護士が執筆した『改正犯収法案・国際テロリスト財産凍結法案と金融実務への影響』が銀行法務21 2014年12月号(780号)に掲載されました。
2014.12.21
著作/論文

渡邉雅之弁護士が執筆した『マイナンバー制度の実際と銀行実務への影響』が銀行実務2015年1月号に掲載されました。

渡邉雅之弁護士が執筆した『マイナンバー制度の実際と銀行実務への影響』が銀行実務2015年1月号に掲載されました。
2014.12.21
著作/論文

渡邉雅之弁護士が執筆した『FATFからの対日勧告とそれを受けた日本政府の対応及び国内での議論動向』がCISTC Journal2014年11月号(154号)(一般財団法人安全保障貿易情報センター)に掲載されました。

渡邉雅之弁護士が執筆した『FATFからの対日勧告とそれを受けた日本政府の対応及び国内での議論動向』がCISTC Journal2014年11月号(154号)(一般財団法人安全保障貿易情報センター)に掲載されました。
2014.11.17
著作/論文

黒田清行弁護士、猿木秀和弁護士が共同執筆した『(改訂版)企業のための労働契約の法律相談』(青林書院)が刊行されました。

黒田清行弁護士・猿木秀和弁護士が共同執筆した、『(改訂版)企業のための労働契約の法律相談』(下井隆史・松下守男・渡邊 徹・木村一成編)が青林書院より刊行されました。
2014.11.16
著作/論文

法律情報『業務中の発明は誰のもの? 職務発明制度の概要』を追加しました。

法律情報に『業務中の発明は誰のもの? 職務発明制度の概要』を追加しました。
2014.10.21
著作/論文

法律情報『均等法で禁止される「間接差別」の対象範囲拡大』を追加しました。

法律情報に『均等法で禁止される「間接差別」の対象範囲拡大』を追加しました。
2014.10.08
著作/論文

谷健太郎弁護士が執筆した『金融法務最前線 詐欺罪―処分行為の基礎となる重要な事項を偽る行為』が金融法務事情2003号(2014年10月10日号)に掲載されました。

谷健太郎弁護士が執筆した『金融法務最前線 詐欺罪―処分行為の基礎となる重要な事項を偽る行為』が金融法務事情2003号(2014年10月10日号)に掲載されました。
2014.08.14
著作/論文

加藤文人弁護士が執筆した「中国法における就業規則中の罰金条項の有効性」(中国ビジネス法務の最新事情 第26回)がJCAジャーナルの2014年8月号に掲載されました。

加藤文人弁護士が執筆した「中国法における就業規則中の罰金条項の有効性」(中国ビジネス法務の最新事情 第26回)が
JCAジャーナルの2014年8月号に掲載されました。
2014.08.14
著作/論文

西堀祐也弁護士が執筆した「中国環境保護法の改正」がJCAジャーナルの2014年8月号に掲載されました。

西堀祐也弁護士が執筆した「中国環境保護法の改正」(中国民商法の理論と実務)が
JCAジャーナルの2014年8月号に掲載されました。
2014.07.30
著作/論文

鈴木雅人弁護士が執筆した『FTA・EPAの使い方-特恵税率の利用から考えるASEAN投資の展望』がBUSINESS LAW JOURNALの78号(2014年9月号)に掲載されました。

鈴木雅人弁護士が執筆した『FTA・EPAの使い方-特恵税率の利用から考えるASEAN投資の展望』がBUSINESS LAW JOURNALの78号(2014年9月号)に掲載されました。
2014.07.30
著作/論文

長谷川宅司弁護士が研究代表を務め、黒田清行弁護士、加藤文人弁護士、松井保仁弁護士、渡邉雅之弁護士、岸野 正弁護士が参加する、事業再生迅速化研究会のメンバーの編集・執筆にかかる『事業再生の迅速化』初版が、商事法務より8月5日に出版されます。

長谷川宅司弁護士が研究代表を務める事業再生迅速化研究会のメンバーの編集・執筆にかかる『事業再生の迅速化』初版が、 商事法務より8月5日に出版されます。
本書は、事業再生の迅速化について、次の5つの観点から光を当て、実務的に検討したものです。NBLに掲載された「事業再生迅速化研究会(第2期)」の研究報告について、さらに研究を深化させ、発展させ、精緻化して、論文集として体裁を整えました。

第1章は、更生手続の迅速化を図るためのDIP型更生手続や債権者関与のあり方が検討され、当事務所の黒田清行弁護士、岸野 正弁護士が執筆に参加しました。

第2章は、事業再生手続について、他の諸制度や手続との関係などについて検討されています。

第3章は、更生手続の迅速化に有用とされる担保権不動産の処分連動方式の諸問題が検討され、当事務所の渡邉雅之弁護士が執筆に参加しました。

第4章は、事業再生手続上、様々に問題となるグループ企業の問題点について検討したものです。

第5章は、グローバル経済の進展の中で増加が予想される国際倒産手続の諸問題が検討され、当事務所の加藤文人弁護士、松井保仁弁護士が執筆に参加しました。
2014.07.08
著作/論文

渡邉雅之弁護士が執筆した『ファイアーウォール規制の緩和と実務上の諸論点』が金融法務事情1997号(2014年7月10日号)に掲載されました。

渡邉雅之弁護士が執筆した『ファイアーウォール規制の緩和と実務上の諸論点』が金融法務事情1997号(2014年7月10日号)に掲載されました。
2014.06.02
著作/論文

渡邉雅之弁護士が執筆した『ゴルフ場詐欺事件最高裁判決にみる施設利用・申込時におけるあるべき反社対応』が銀行法務21 2014年6月号に掲載されました。

渡邉雅之弁護士が執筆した『ゴルフ場詐欺事件最高裁判決にみる施設利用・申込時におけるあるべき反社対応』が銀行法務21 2014年6月号に掲載されました。
2014.06.02
著作/論文

渡邉雅之弁護士が執筆した『外国銀行代理業務の諸問題』が銀行実務2014年7月号に掲載されました。

渡邉雅之弁護士が執筆した『外国銀行代理業務の諸問題』が銀行実務2014年7月号に掲載されました。
2014.05.23
著作/論文

渡邉雅之弁護士が執筆した『銀行の営業店における利益相反』が月刊金融ジャーナル2014年6月号に掲載されました。

渡邉雅之弁護士が執筆した『銀行の営業店における利益相反』が月刊金融ジャーナル2014年6月号に掲載されました。