トピックス

2019.12.17
著作/論文

渡邉雅之弁護士が執筆した『Q&Aわかりやすい銀行代理業・電子決済等代行業』(一般社団法人金融財政事情研究会)が発刊されました。

渡邉雅之弁護士が執筆した『Q&Aわかりやすい銀行代理業・電子決済等代行業』(一般社団法人金融財政事情研究会)が発刊されました。

内容紹介

銀行代理業制度開始に合わせて刊行した好評の解説書に、2018年6月に導入された電子決済等代行業制度(オープンAPI)の解説を加えて、13年ぶりに大リニューアル!
Part1では、42のQ&Aで銀行代理業の対象業務、要件、制限事項、監督規定等をわかりやすく解説。平成30(2018)年5月に公表された金融庁「銀行法等に関する留意事項について(銀行法等ガイドライン)」等を新たに反映。 Part2では、平成30(2018)年6月1日に施行された改正銀行法による電子決済等代行業制度について、19のQ&Aで解説。金融機関が取組みを進めるオープンAPIの概要と留意点、監督規定等を整理。 巻末には「オープンAPIのあり方に関する検討会」(事務局:一般社団法人全国銀行協会)による「オープンAPIのあり方に関する検討会報告書」、「銀行法に基づくAPI利用契約の条文例」等の参考資料を収録。

著者について

赤上  博人(あかがみ  ひろひと)
1988年  弁護士登録(40期)。
1988年  アンダーソン・毛利・ラビノウィッツ法律事務所(現アンダーソン・毛利・友常法律事務所)入所
1993年  英国University of London, London School of Economics and Political Science(LL.M.)
1993年9月~1994年9月  英国ロンドンのSlaughter and May法律事務所勤務
1997年  アンダーソン・毛利・友常法律事務所パートナー就任
M&A/企業再編、コーポレートガバナンス、投資ファンド、企業法務一般、バンキング、金融規制法(レギュラトリー)などを専門とする。
渡邉  雅之(わたなべ  まさゆき)
2001年  弁護士登録(54期)。
2001年  アンダーソン・毛利法律事務所(現アンダーソン・毛利・友常法律事務所)入所
2009年  弁護士法人三宅法律事務所入所
2011年  弁護士法人三宅法律事務所パートナー就任
金融規制法、情報管理規制、ゲーミング規制などを専門とする。