トピックス

2016.02.13
NEWS

【コーポレートガバナンス・コード】取締役会評価関連の規程・書式、任意の委員会関連の規程

(執筆者 渡邉 雅之)

コーポレートガバナンス・コードの基本原則、原則、補充原則に対する上場会社の対応状況のうち、最も「説明(エクスプレイン)」の割合が高いのは、
補充原則 4-11③『取締役会による取締役会の実効性に関する分析・評価、結果の概要の開示』です。

株式会社東京証券取引所の資料 によれば、実施会社数(コンプライの会社数)は676社、説明会社数(エクスプレインの会社数)は 1,182社で、説明率は63.6%とのことです。

2016年1月11日に掲載した『コーポレートガバナンス・コード:取締役会評価に関する社内規程と質問票(雛型)』に関して、新たに、『質問票集計結果票』を作成いたしましたので公表いたします。

これらの書式を利用していただければ、外部のコンサルタント等を利用しなくても、社外取締役等を中心とする内部評価が可能となります。

また、取締役会評価の役割も加えた『独立社外取締役会規程』も掲載いたします。

その他、コーポレートガバナンス・コードに関する『指名諮問委員会』『報酬諮問委員会』の雛形も併せて掲載いたします。

*********************

取締役会評価等の方法につきましてご相談等につきましては、下記にご連絡ください。
弁護士法人三宅法律事務所
弁護士 渡邉 雅之
(東京事務所)〒100-0006
東京都千代田区有楽町1丁目7番1号
有楽町電気ビルヂング北館9階
TEL : 03-5288-1021
FAX :03-5288-1025
Email:m-watanabe@miyake.gr.jp