当事務所について

大阪事務所の特徴

 大阪事務所では、企業法務・保険法務を中心に、知的財産法務(特許・実用新案・意匠・商標・著作権等)、労働法務(労働契約、労働紛争等)、事業再生・倒産手続関連法務(会社更生、民事再生、破産等)、渉外法務(英米、中国等)、コンプライアンス、リスクマネジメント、銀行・信託・その他金融法務、消費者関連法務その他諸々の業務を扱っています。組織は4つのグループに分かれていて、1つのグループは、1~2名のパートナー弁護士と4~5名のアソシエイト弁護士で構成されていますが、案件の規模・内容によりグループを横断してチームを組むこともあります。
 グループ間の異動は、通常、2~3年ごとにありますので、専門性の異なる様々な事件を担当することができますし、所属するグループ外の案件でも、希望すれば自分の興味のある案件に携わることも可能です。また、大阪事務所では、個人から中小企業、上場企業にいたるまで、様々な顧問先、その紹介者等が相談に来ますので、企業法務だけではなく、離婚・相続などの一般民事事件も含め、必ず皆さんの希望する業務に携わることができるものと思います。

東京事務所の特徴

 東京事務所では、保険・銀行等の金融法務を中心としながら、企業活動全般にわたるコンプライアンス、株主総会指導等の会社法務、会社更生・民事再生等の企業再生法務、労働法法務、渉外法務(英米、中国等)等の多様な企業法務を取り扱っております。意見書作成業務、契約書作成業務等のほか、訴訟業務が比較的多いことも特徴です。もちろん、離婚・相続事件等のいわゆる一般民事事件も取扱っております。
グループ制は特に設けておらず、アソシエイト弁護士は、上記のような様々な業務を専門とする各パートナー弁護士それぞれと、共同して業務にあたることになります。そのため、新人のうちから、企業法務を中心としつつも、訴訟業務を含めた幅広い業務を経験することができます。

大阪/東京の交流

 当事務所では、テレビ会議システムを利用して、事件処理、弁護士会議、勉強会等を実施しており、業務上、大阪・東京事務所の交流は頻繁にあります。規模の大きい案件や複雑な案件では、大阪・東京事務所の弁護士が協同して対応します。また、業務外においても、大阪・東京事務所合同の新年会、ゴルフ会、旅行会といった公式行事だけでなく、若手弁護士を中心とした有志で、温泉、スキー、ゴルフ等に行く機会もありますので、仕事を離れた交流も楽しむことができます。
 採用は、原則として、大阪事務所と東京事務所で独立して行っています。もっとも、大阪事務所と東京事務所との人事交流もありますので、弁護士として経験の幅を広げたいなど、希望があれば、大阪・東京双方の事務所で経験を積むことも可能であり、東京事務所設立以来、既に複数名の若手弁護士が大阪・東京間で異動しています。

新人育成システム

 新人は、入所後1年間で、弁護士としての心構えや基本的な事件処理の流れなどについての講義を受けるほか、保険法・会社法・倒産法等の勉強会を行います。また、若手弁護士を主体とした勉強会も開催していますので、最新の判例や改正法を学ぶ機会もあります。
 事件処理については、基本的に、パートナー弁護士及び先輩アソシエイト弁護士と一緒に行うことになります。比較的年代の近い先輩アソシエイト弁護士と業務を進められますので、疑問に思うことは気軽に議論できます。また、経験豊富なパートナー弁護士からは、適切な指示や助言がありますので、弁護士として必要な知識やノウハウは、業務を適切に処理していく中で、自然と身に付くはずです。
大阪・東京事務所のどちらでも、ある一定の業務分野にのみ偏ることなく、幅広い業務を経験しながら、自らが興味のある分野を見つけ、その専門性を高めていくことができるものと思います。 なお、個人で受任する事件(民事、刑事)については、一定割合の経費負担において、自由に行うことができます。

留学について

 当事務所の弁護士では、これまでに、米国及び中国への留学実績があります。
 具体的な事例として、当事務所の磯田光男弁護士は、米国に2年間留学して、1年目にハーバード・ロースクールにてLL.M.の学位を取得し、2年目はニューヨーク州弁護士資格を取得するとともに、ニューヨークの法律事務所にて研修しています。
 また、加藤文人弁護士は、半年間の北京語言大学での中国語の学習の後、引き続いて上海市の復旦大学法学部に留学しており、また、その間に北京市・上海市内所在の中国の法律事務所において研修しています。
 留学により外国の法制度や文化をその国に在住しながら学ぶことで、渉外事件の処理能力が向上するばかりではなく、日本の法制度を複眼的に分析し理解することができるようにもなりますので、当事務所では、キャリアアップの一手段として、積極的に海外に留学することを推奨しています。